顔汗対策には漢方も効果がある!

顔汗を止めるのには漢方も効果があるかも!?

顔汗を止めるのにはいろんな方法がありますが、昔から伝わる漢方でも顔汗対策には十分にもってこいであります。体質にもよりますが、顔汗を止めたいなら漢方も選択にいれておくといいですね。
MENU

顔汗対策には漢方も効果がある!

顔汗対策には漢方も効果がある!

 

顔汗対策にはいろいろとありますが、一つの方法として昔から伝わる漢方も顔汗を止めるためには効果があると言われているます。代表的なものにもすぐに手に入れやすい、汗には体温を調節する使途があるので、行動や圧力などでエネルギーを持った顔付きや身体を冷やしてくれます。

 

その実情から解放されるという大抵は汗がひくのですが、常に汗をかいていらっしゃるケースでは多汗症の可能性があり、顔汗ばかりが目立ってしまうのは、顔面多汗症と呼ばれています。顔面多汗症医療には、ボツリヌス注射や内服薬などがあり、通例を改善するインパクトのある漢方薬が顔面多汗症の医療に選べることもあります。あまり薬を使わずに顔汗を治したい時には漢方薬を飲んでみましょう。顔汗が出る原因は色々あるので、実情やスタミナなどを考えて漢方薬決めをします。

 

緊張感が続いていたり、扇動の凄い環境にさらされて顔汗をかいている時は、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)があり、スタミナがない方に向いている漢方薬です。比較的スタミナがある方は、紫胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)を選びましょう。

 

ポッチャリ気味の方には、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)がいち押しで、水分を周りを良くして体内にこもっていらっしゃる余分な水分を排出します。イライラや心配が激しく暑がりで血圧が高い場合は、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を試してみましょう。この漢方薬はどちらかというとスタミナがある方専用です。更年期ののぼせで顔汗をかいてしまう時には、加味逍遙散(かみしょうようさん)があり、血行を改善してホルモンプロポーションを調節し、ボディのエネルギーを押さえる働きがあります。

 

漢方薬は飲めばすぐに汗があるといった類の薬ではなく、長期的な飲用で通例進歩を働きかけていくものです。効果が出るまでは時間がかかりますが、通例に合った漢方薬を飲まないといった成果が出ないこともあるので、専門医という相談して選びましょう。

 

このページの先頭へ