顔汗は更年期になると増えるのか?

顔汗を止めるのと更年期には関係がある?

顔汗は更年期なると増えると言われているが、これは本当なんでしょうか?たしかに更年期は女性のカラダやホルモンバランスに変化が訪れる時期なのではありますが、顔汗とどのような関係があるんでしょうか?
MENU

顔汗は更年期になると増えるのか?

顔汗は更年期になると増えるのか?

 

更年期を迎えると、気温が低くて特に体を動かしていなくても、
上半身や顔がほてるホットフラッシュという症状が出ることがあります。

 

ホットフラッシュの特徴は大量に汗をかくことで、
下半身は冷えているのに顔汗がひどくなるといった状態になってしまいます。

 

 

ホットフラッシュを引き起こしているのは、女性ホルモンです。

 

女性の体は妊娠準備のためにエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが分泌されます。

 

しかし、体の機能が衰え始める40代後半になると、
女性ホルモンの分泌が少なくなるので、ホルモンのバランスが崩れやすくなります。

 

本来なら分泌されるはずの女性ホルモンが増えないので、不具合を感じた視床下部が混乱してしまい、
発汗や代謝、血圧などのホルモン分泌以外の機能も乱れ始めます。

 

この症状は自律神経失調症と呼ばれ、
大量に顔汗をかくといったホットフラッシュのような更年期の症状を誘発するのです。

 

 

ホットフラッシュが起きると顔が赤くなったり、たくさん顔汗をかいたりしてのぼせた状態になりますが、
環境に関係なく症状が出てくるので恥ずかしくなってしまい、
症状がひどくなると人前に出ることを避けるようになったり、
気分の落ち込みやイライラ感など精神的な症状が出てくるケースもあります。

 

 

そして体温が上半身にこもってしまうため下半身が冷え気味になり、血の巡りが悪くなってしまいます。
血行不良は様々な病気を招く原因になるため、症状が頻繁に起こる時は婦人科を受診してみましょう。

 

 

ホットフラッシュが起こったら、
濡らしたハンカチや保冷剤を首の後ろにあてて、顔周りの体温を下げましょう。

 

携帯できるウェットティッシュを持ち歩いていれば、素早く対応ができるので便利です。

更年期になると気温が高いわけでもないのに面構えだけが暑くなって汗をかく、顔汗が増えると言われています。そもそも更年期見た目の素振りは人それぞれなので一概には言えませんが、これはよく見られる見た目で、花盛り電光と呼ばれます。 その原因は女性ホルモン、エストロゲンの下落です。美貌のホルモンとも呼ばれるエストロゲン、姓名の通り美貌髪や美肌、女性らしい美しいコーナー的な体躯曲線を決めるのに欠かせないホルモンですが、本当は自律癇とも著しく関わっているのです。つまり、エストロゲンが減ることで自律癇が一時的に乱れて、血行が悪くなります。そうなると体温が部分的に激しくなったり、汗腺の規定がおかしくなったりして、顔汗重なることが起こり得るわけです。 このように汗が広がることは自律癇の関係で仕方ないと言えばそれまでですが、世間で面構えに滝のように汗をかいては気まずいという女性も多いでしょう。そこで顔汗を牛耳る施術をいくつかご紹介します。 それではお呼びドス熱演です。これを持ち歩いて必要な時に首の後ろを冷やすって効果的です。また昔ながらの施術としてあるのが方策押しです。おしろいで面構えが白紙な舞妓様、夏の暑い時期でも汗をかかずにきれいなメーキャップを維持しています。これはマンネリではなくて洋服の帯のためなのです。実は乳頭から指3正式上に屋翳という方策があります。この方策を押すことで上半身の汗を抑えられるのです。舞妓様の洋服の帯がこの方策を刺激することで、面構えに汗をかかずに済んでいるのです。ただ、抑えられた上半身の汗が下半身に変わるのか、この方法では下半身に大量の汗をかくので、飽くまで応急処置として覚えておくといいでしょう。


このページの先頭へ