顔汗が出るのは汗腺、汗腺って顔に集中しているって知ってましたか?

顔汗を止めるために汗腺についても知っておきましょう。

顔汗を止めたいならその顔汗が出ているもとの汗腺のことも知っておいてください。汗腺は顔に集中していることは知っていますか?だから顔汗が出やすいんです。
MENU

顔汗が出るのは汗腺、汗腺って顔に集中しているって知ってましたか?

顔汗が出るのは汗腺、汗腺って顔に集中しているって知ってましたか?

 

顔汗は誰でもいくらか出るものですが、それは誰でも汗腺を通して出します。つまり汗腺の働きによって顔汗が出る量も決まってきてしまうんです。これをコントロールできれば、あなたの顔汗を止めることも可能になります。他の部分はそうでもないのに、なぜだか外見にだけ汗をかく、顔汗に悩んでいる者は少なくありません。外見に滝のように汗をかくには誘因がいくつか考えられます。
まずは肥満です。肥満による皮下脂肪を通じて体内の熱意を賢く放出することができません。そのため汗をかいて気化熱意で下げようとするため、外見にも汗をかき易くなるのです。次に考えられるのが多汗症です。汗を分泌するのは汗腺ですが、これは環境に非常に鋭敏です。扇動やホルモンに影響されやすいため、これらが原因で多汗症になることがあり、その結果外見に滝のように汗をかくわけです。

 

 

あんまり考えられるのが、下半身の汗腺があんまり機能していないということです。個人は汗をかくことで体温調節しているわけですが、その汗腺の実施が正常に働かないとボディに熱意がたまったとおり大変な後片付けとなってしまいます。顔汗が多い者は下半身の汗腺がかしこく機能していないケースが多いです。本来は下半身から分泌される分の汗まで外見から出るため、顔汗が非常に増えてしまうのです。

 

下半身の汗腺の実施劣化が原因の顔汗の場合、後押しが足湯です。洗面器などにお湯をはってそこに足をつけて暫くおきます。足しかつけていないので、次第に体内がぽかぽか温まって来るのが頷けるでしょう。これによって血行が促進され、下半身も温まります。そうなると下半身の汗腺の機能しやすくなるというわけです。
ただ、もちろん1回足湯をしただけで下半身の汗腺が正常化し、顔汗が留まるなどと美味い具合にはいきません。入れ替わり劣化による血行不良が主な誘因なので、汗腺の勤めを正常化するには入れ替わりをつりあげるように筋肉を塗り付けたりストレッチングをしたりなどの、なんらかの追及は必要です。

このページの先頭へ