顔汗を止めるなら顔汗をかいてない人の真似をするべし!?

顔汗を止めるなら、顔汗をかいてない人は何をしてるのか?探ってみましょう!

顔汗を止めるいろんな方法がありますが、簡単な方法のひとつに顔汗をかいてない人の真似をするというのもあります。彼らがどのように顔汗対策をしているのか、覗いてみましょう
MENU

顔汗を止めるなら顔汗をかいてない人の真似をするべし!?

顔汗を止めるなら顔汗をかいてない人の真似をするべし!?

 

顔汗をかかない人というのは、この広い世の中でけっこういるんです。顔汗つねにダラダラとかいてしまうこちらとしてはかなり羨ましい限りですが、彼らだって人間です。顔汗をまったくかかないことはありえませんよね。
そこで、顔汗をかかない人はどんな対策をしているのか?ここの焦点を絞って探ってみました。
少し温度が高めだったり、体を動かすとすぐに顔汗をかいてしまう…とお難儀の方は意外と多くいるものです。顔つきに汗が浮いていると、人目も気になりますし、婦人の場合はおメークアップ不調なども起き易くなってしまいます。汗のかきやすさは体質によって決まっている面もあり、進歩をするのは何だか難しいとされています。ただし、TVの中の芸人やアナウンサー、そうしてアクトレス様は、あまり顔汗をかいていません。TV撮影工房などは、スタンダード強い電灯にさらされており、かなりエアコンもおっきいときのはずです。TVの中のモデルは、どのような方法で顔汗かかないようにしているのでしょうか。

 

じつは、タレントやアクトレス様にも汗をかきやすい慣習の自分はいる、といわれています。TV撮影の合間に、うちわで扇ぐなどして対策をしておる、という話です。よくドラマやフォトの中で、アクトレス役の自分が付き人などにうちわで扇がせている景色などがありますが、それは汗を干す結果で、現実にも行われているそうです。

 

その他の対策として、アナウンサーなどはアプローチ押しによって、顔汗を防いでいるといわれています。鎖骨の下におけるアプローチを圧迫することで、半分身近発汗という体の反射作用を利用した方法です。半分身近発汗とは、体の一つがプレスされると、その部分に汗をかきづらいペースとなり、別の部位の発汗かさがかかる、というものです。鎖骨の下を圧迫することで、首から上の汗を和らげ、その分の汗をボディで排出していらっしゃる、ということなのです。

 

半分身近発汗の役目はかねてから知られてあり、たとえばいつも白粉でおメークアップしている舞妓様もこの役目においていたとされています。ウエアの帯で胸部を切り詰めることで、体躯の汗を抑制していたそうです。

このページの先頭へ