顔汗止めるのに一番早くて効果的なのはツボを押すこと!

顔汗を止めるならカラダのツボを押すのが一番簡単でわかりやすい。

顔汗を止めるのに一番簡単で誰にでもできて効果的なのはカラダにあるツボを押すことです。これなら場所や時間を選ばずにツボの場所さえわかればサッと顔汗対策ができます。
MENU

顔汗止めるのに一番早くて効果的なのはツボを押すこと!

顔汗止めるのに一番早くて効果的なのはツボを押すこと!

 

顔から汗が吹き出してくる顔汗は、仕事などで接客をしている方や、
普段から人に会う機会が多い方にとっては厄介な症状となります。

 

このような顔汗は、体質などの他にもホルモンバランスが関係してくると言われていますが、
体質改善などは時間がかかりますので、すぐにできるツボ押しの方法を試してみるという方法もあります。

 

ツボというのは、人間の身体のあらゆるところに存在していますので、
まずは顔汗に効果のある部分がどこにあるのかを知っておくことが必要です。

 

顔汗のツボは、主に手と足にありますが、手の場合ですと、
小指側の手のひらのすぐ下辺りにツボがあります。

 

この部分は陰げきと呼ばれており、
押すことによって身体の中の熱を放出し血行を良くする効果がありますので、顔汗が改善できるとされています。

 

ツボは足にもたくさんありますが、その中でも顔汗に効果的とされているのが足の裏の心包区と呼ばれる部分です。
この部分は、ちょうど土踏まずの辺りのひっこんだ部分ですから、押す際にも押しやすい箇所となっています。

 

この心包区は、自律神経を調整するツボですから、
身体の汗をコントロールする働きがありますので、結果的に顔汗を防ぐことができるわけです。

 

このようにして、手と足にあるツボを押すことで自律神経の働きを促し、
身体の内部に溜まった熱を発散させることで顔汗を止めることができます。

 

肝心なことは、体温調節をうまく機能させることにありますので、
その働きを促すツボを押すことがポイントになってくるわけです。

 

このような知識をあらかじめ把握しておくことによって、
人前に出た時に顔から汗が吹き出てくるというようなトラブルを未然に防ぐことが可能となります。

汗をかくことで体躯にパッションがこもらないようにするのは体躯にとりましてポイントです。ただしムーブメント欠乏だったり夏場に涼しい座敷で長時間いたり、シャワーばかりでおバスに浸からなかったりといった汗をかかない身の回りを増やす中で汗腺の努力が弱り、心臓から離れた冷え易い下半身部分の汗腺が休眠進度となってしまいます。そのため体温とりまとめを傾向が多い表情ばかりで行なう顔汗進度となってしまうのです。現代病の一種ともいえます。 ただ表情ばかり汗をかいていてはメイクも崩れてしまうし後ろめたい情熱をしてしまうことも多いでしょう。日ごろから汗をかくようにムーブメントをしたりのんびりおバスに浸かったりといった暮らしを見直すようにして根本から治すようにしましょう。 いざというときに顔汗を押さえ付けるツボというのもあるので、刺激してみましょう。 特に有効なのがとなりのツボを刺激するメソッドです。表皮圧半サイド発汗イベントといって交感神経を刺激するメソッドです。圧迫したとなりの裏の表情の汗が止まります。圧迫面積ってリアクションのがたいは比例するので、表情全般に大量の汗をかいておるというのであれば平手全体で両となりをたっぷり押さえ付けるようにすると効果があります。 首の後ろの頚動脈を冷ジェルなどで冷やすのも有効です。一時的に血行が押さえられるので暑さも引きます。 できればやつにばれることなく機具も使わず治したいというのであればツボの指にも発汗に関係するツボがあるので、さりげなく刺激してみてもよいでしょう。 顔汗をかく恥ずかしさや汗臭さが気になり始めると心身が圧力になり交感神経が刺激されて余計に汗は出てきます。 表情用の制汗剤もありますし、必ずしも気になって負担なのであればボトックス注射で発汗威力に関係のある神経コミュニケーション物ご法度をするのもよいでしょう。リラックスすることが大切です。


このページの先頭へ